格安スマホ比較

格安SIMと中古のスマホはおすすめできない理由

   

格安SIMを利用するのに中古のスマホはおすすめできません

格安SIMの利用を考えている方で新しく端末を用意するという方は多いかと思います。
もちろん過去に使用していたスマホも使える場合がありますが新しく用意するという方が多いようです。

ここで注意が必要なのが中古の端末の購入です。
ヤフオクやアマゾンなどでも中古のスマホは取り扱い始め最近ではツタヤやブックオフでも取り扱いがあるようです。

中古端末のデメリットは大きい

スマホ本体が安く購入出来るというメリットもある中古端末ですがデメリットが非常に大きくおすすめはできません。

中古端末では赤ロムと呼ばれる物の場合があります。

赤ロムとは

端末の元の所有者が端末代金が未払いという場合にネットワーク通信に制限がかかってしまう状態の事です。

業者によっては端末の状態をしっかり確認せず赤ロムの状態で販売している場合もあります。

またそのような場合、交換や修理などの保証を一切受け付けないケースもあり泣き寝入りとなる場合もあります。

赤ロムの場合せっかく購入しても使用できないということもあるため中古端末はおすすめできません

中古端末ではなく新品の格安スマホがおすすめ

格安SIMを使うのであれば新品の格安スマホを購入するのがおすすめです。

格安スマホはその端末の安さから非常に人気となり様々な機種が発売されています。

価格は1万円以下で購入出来るものから最新のハイスペックモデルでも4万円台のものと非常に価格が安いです。

また楽天モバイルなどのMVNOでは端末と格安SIMをセットで購入することで端末代金が安くなるキャンペーンも行っております。

中古端末を購入して使えなく泣き寝入りしてしまう場合もあるため新品の格安スマホの購入がおすすめです。

おすすめの格安スマホは?

格安スマホも様々なものが発売されておりどのスマホが良いのかわからないかと思います。
現在おすすめの格安スマホを紹介します。

ZenFone2 Laser

zenfone2_laser
本体価格は2万円前後、さらに楽天モバイルでセット販売を利用した場合は2万円以下での購入も可能です。

楽天モバイルのセット購入なら分割での購入も可能で月額1,000円程度となります。
また楽天モバイルは格安SIMでも最安値クラスの格安SIMのため端末代金こみでも月額2000円前後で利用可能です。

ZenFone2 Laserは一般的な使用では全く問題ないほどスペックが高く優秀な格安スマホのため非常におすすめとなっています。

ZenFone2

zenfone2
ZenFone2 Laserの上位版となるモデルです。

本体価格は4万5000円ほどと若干高いですが現在のスマホの中ではトップクラスのハイスペックモデルとなっています。

あと3年以上は現役で使えるといえるスマホで長く使いたい、また機種を変えるのは面倒という方におすすめです。

ZenFone2ならどんなゲームやアプリでも問題なく利用できコストパフォーマンスは非常に高いものとなっています。

楽天モバイルでキャッシュバックキャンペーンが豊富に行っているためかなり格安での購入も可能です。

priori3 LTE

priori3lte
本体価格が非常に安い格安スマホとなっています。

priori3 LTEは本体価格1万円前後と非常に安く購入が可能です。

なお、スペックは高くありませんが日常で使用する程度の場合は十分使える格安スマホとなっています。

priori3 LTEではあまりお得なキャンペーンがないためアマゾンなどのネットショップで購入しDMMmobleなどの最安値MVNOを利用するのが最安で使用可能となります。

しかし、セット販売ではないため、初期設定が必要です。
あまり詳しくない方の場合セット販売をおすすめします。

 - コラム