格安スマホ比較

SAMURAI極(KIWAMI)のスペックと詳細

   

samurai_kiwami

高性能なFREETELのハイスペックスマホ

FREETELから発売されている格安スマホで最もハイスペックな格安スマホのSAMURAI極

オクタコアCPUに6インチディスプレイ、ソニー製の2100万画素のメインカメラと非常にハイスペックスマホとなっています。

価格も39,800円とスペックから考えるとかなり安くコストパフォーマンスは非常に高いものとなっています。

SAMURAI雅の詳細スペック

メーカー FREETEL
OS Android 5.1
サイズ(横×縦×厚さ) 約82.9mm×159.5mm×8.9mm
カメラ画素数 アウトカメラ 2100万画素 インカメラ 800万画素
画面サイズ 6インチ、2560×1440
ROM(ストレージ) 32GB
RAM(メモリ) 3GB
CPU(クロック周波数) 2.0GHz
CPU(コア数) 8コア
バッテリー容量 3400mAh
価格 3万9800円

SAMURAI極の特徴

発売されすぐに完売となってしまうほど人気のあるSAMURAI極
高性能なスペックなのに対して価格は39800円とかなり格安となっています。

6インチモデルと画面は大きめとなっており、動画や映画などを見る場合でもかなりきれいに見ることが可能です。

またネットサーフィンをする場合でも大きい画面の方が疲れにくいというメリットもあります。

価格が安く高性能モデル

6インチの画面と大きめのモデルで非常にハイスペックとなっているSAMURAI極

スペックを見るとiPhone6sPlus以上のスペックとなっています。

メインメモリ3GB、CUPも2.0GHzのオクタコア(8コア)とスマートフォンではかなりのハイスペックとなっていますが価格は39,800円とかなり安い金額に収まっています。

iPhone6sPlusでは一番安い16GBのモデルでも10万円近くすることを考えると非常に本体価格が安くコストパフォーマンスが高いことがわかります。

2100万画素のメインカメラで最高画質の写真撮影可能

スマートフォンでは他には見られない2100万画素というカメラを搭載しています。
2100万画素もあるとデジタルカメラはいらないのでは?とも思ってしまうほどの画素数です。

インカメラも800万画素と非常に画素数が高く、インカメラでもiPhone6と同等の画素数となっています。

デジカメのようなきれいな写真がいつでも撮影可能という点は便利ですね。

クアッドハイビジョンの液晶

1世代前のスマートフォンではHD(ハイビジョン)ですごい、きれいと言われていました。
現在そのHDの上のFHD(フルハイビジョン)が一般的となっています。

SAMURAI極ではそのさらに上を行くWQHD(クアッドハイビジョン)というものが搭載されています。

クアッドハイビジョンではハイビジョンの縦横の画素数を2倍(面積は4倍)に広めたもので非常に綺麗な画面を搭載しています。

電池容量が3400mAhと非常に大きい

SAMURAI極は電池の容量が3400mAhと非常に大きいのも特徴です。

ほぼ同サイズのiPhone6sPlusでは2750mAhとなっており比較すると650mAhも大きいことが終わります。

電池容量が多いと電池の持ちも長くなるため、使い勝手の良いスマートフォンといえます。

デメリットは自分で電池交換できない点

最近のスマートフォンは電池交換が自分でできるタイプとできないタイプ2つに分かれます。

SAMURAI極では残念ながら自分で電池交換が出来ないタイプとなっており、電池交換する場合は修理という扱いでFREETELに送る必要があります。

しかしiPhoneシリーズも電池交換が出来ないタイプであったりと最近は出来ないものが増えてきているため仕方ないのかもしれません。

SAMURAI極のスペックなら最低5年は使える

SAMURAI極ほどのスペックなら5年以上使用可能です。

現在であれば対応できないアプリなどはなくどんなことでも快適に使用可能です。
今後重たいゲーム(FF13のような)ゲームが出ることが予想されますがそれでもしばらくは問題なく使用可能です。

最新スペックで長く使用するならSAMURAI極は非常におすすめといえます。

SAMURAI極はどこで購入するのがお得?

SAMURAI極アマゾンなどのネットショップから購入するのがおすすめです。

SIMフリーのためネットショップで購入し、格安SIMを別で契約するのが非常にお得となります。

格安SIMはDMMmobleや楽天モバイルといった最安値クラスの格安SIMがおすすめです。
個人的におすすめはネットを沢山使いたいという方はUQ mobile(ネット使い放題プランあり)月額料金を最小限に抑えたいという方はDMMmoble(業界最安値)です。

FREETELでも格安SIMの販売(MVNO)は行っていますが今後通信速度が遅くなることが予想されあまりおすすめできません。(現在もサービス開始と比較すると遅くなってきています)

上記で紹介したMVNOではこれまでずっと長く良心的なサービスを提供しており非常におすすめのMVNOとなっています。

 - ハイスペックモデル