格安スマホ比較

iPhone6sのスペックと詳細

   

iphone6s

iPhoneはケース等アフターパーツの多さが世界一!

スマホブームの火付け役となったいiPhoneシリーズの新しいモデルのiPhone6s

2008年のiPhone3Gの発売により爆発的に売れたスマートフォンですがそのiPhoneシリーズは現在も新しいモデルが発売され、人気のモデルとなっています。

若干本体価格が高いのがネックですがAndroidとは別のiOSというOSにより軽い動作で誰でもわかりやすいのが特徴です。

新しいiPhone6sではiPhoneシリーズ初の2GBのメモリを搭載しメインカメラも1200万画素と非常に高性能モデルとなっています。

CPUにはAppleA9という最新のCPUが使用されており、iPhone6と同じような見た目ですが中身は、かなりパワーアップされています。

iPhone6sの詳細スペック

メーカー APPLE
OS iOS9
サイズ(横×縦×厚さ) 約67.1mm×138.3mm×7.1mm
カメラ画素数 アウトカメラ 1200万画素 インカメラ 500万画素
画面サイズ 4.7インチ、1334×750
ROM(ストレージ) 16GB/64GB/128GB
RAM(メモリ) Apple A9チップ(2GB)
CPU(クロック周波数) 1.85GHz
CPU(コア数) 2コア
バッテリー容量 1715mAh
価格 9万3744円(16GB)/10万6704円(64GB)/11万9664円(128GB)

iPhone6sの特徴

iPhone6とほぼ同じ見た目、形をしていますが非常に性能が良くなったのが特徴です。

特にA9チップではiPhoneシリーズ初の2GBメモリとなっておりいままでよりも性能が上がっています。

メインカメラもiPhone6までは800万画素だったのに対して6sでは1200万画素と向上しているのがわかります。

また、3DTouchといういままでにない機能も追加されました。

ユーザーの多さ、保証や対応は一番

iPhoneは、ユーザーが多いのが特徴です。

日本国内で使用されている約半数のスマートフォンはiPhoneとなっており大人気です。

人と違う機種が使いたいという人にはおすすめはあまりできませんがユーザーの多さから、わからないことが合った場合、身近で使っている人に聞けるというのは魅力的です。

保証も新規購入の場合1年間、AppleCareに加入することで最大3年まで増やすことが可能です。

加入していれば画面割れなどで破損してしまった場合などに新品と交換という対応を受けることが可能です。

対応も非常によく人気の秘訣はそのようなところにあるのかもしれません。

アフターパーツが非常に多い

iPhoneはユーザーの多さからアフターパーツが非常に多いです。
ケースも純正以外のものがたくさん出ておりそのようなアフターパーツの多さも人気な理由の一つです。

人と同じは嫌だという人でもお気に入りのアフターパーツで自分好みに変えることが可能です。

6sなら最新アプリも快適に

スペックを他の格安スマホと比較した場合若干劣っているように見えるiPhone6sですがiPhoneはiOSという独自のOSを使っています。

iOSは動作が軽く非常に快適に利用が可能です。
新しいiPhone6sならLINEやツイッターはもちろん重たいゲームなども快適に遊ぶことが可能です。

またiPhoneシリーズのサポートは非常に長期間のOSのアップデートに対応しています。

Androidの場合AndroidOSのアップデートが終わってしまったということがありますがiPhoneでは非常に長く対応しています。

iPhone6sから追加された3DTouch

iPhone6sから新たについかされた機能で3DTouchという機能が搭載されました。

これは画面を押す強さが認識されるもので強く押すことでショートカット機能を使うことができるなど非常に便利な機能となっています。

今後様々なアプリに対応していくことが予想されどんどん便利になっていきます。

メインカメラは1200万画素

今までのiPhoneシリーズで最高の画素数を誇るカメラが搭載されました。

1200万画素と非常に高性能のカメラでは綺麗な写真が撮影可能となっています。

新しくLivePhotos撮影可能となっており撮影した写真の前後も撮影可能となっていて短い動画のような動く写真の撮影も可能となりました。

TouchIDが非常に便利

ホームボタンには指紋認証が搭載されており指紋認証で簡単に画面のロックやセキュリティ認証が可能です。
面倒な長いパスワードを入れる必要もなくなり非常に便利です。

TouchIDは高性能で一瞬で正確に諮問の認証が行われるため安心です。

デメリットは価格が非常に高い

iPhone6sは非常に価格が高いものとなっています。

一番安いモデルでも10万円近くするため格安SIMで運用する場合でも初期費用が高くなってしまいます。

その為生活保護を受けてる人は、10万円を超えるローンを組めない為、購入できないケースがありますので注意して下さい。

キャリアで購入する場合でも、同じ機種代金を支払うためかなり高額となります。

機能、デザインはスマホの中では最高クラスとなっているため初期費用が多少かかっても大丈夫という方にはおすすめの機種となります。

またiPhone6sはキャリアではなく格安SIMを利用することで月額2000円以下でも使用可能となっているため長く利用することを考えたらキャリアでの購入ではなく格安SIMがおすすめです。

iPhone6sはどこで購入するのがお得?

アップルストアからSIMフリー版で購入し、格安SIMを利用するのがおすすめです。

格安SIMはDMMmobleや楽天モバイルといった最安値クラスの格安SIMがおすすめです。
個人的におすすめはネットを沢山使いたいという方はUQ mobile(ネット使い放題プランあり)
月額料金を最小限に抑えたいという方はDMMmoble(業界最安値)がおすすめとなっています。

初期費用はかかりますが、格安SIMを使うことで長期的に安く利用が可能です。

 - ハイスペックモデル