格安スマホ比較

ビックカメラ・ヨドバシカメラでの格安スマホ購入には注意

   

大手家電量販店のビックカメラやヨドバシカメラ

最近ではこのような家電量販店でも格安SIMの販売を積極的に行っています。

しかしこのような家電量販店のビックカメラ・ヨドバシカメラでの格安スマホ・SIMの購入には非常に注意が必要です。

また家電量販店での購入はあまりおすすめできません。

なぜ家電量販店での購入は注意が必要なのか?

一番の大きな理由はビックカメラやヨドバシカメラには格安SIM営業販売員がいるということです。

もちろんこの営業販売員には格安SIMを月に何件といったノルマがあります。

一概には言えませんが営業販売員はノルマ達成に必死なため格安SIMのデメリットをあまり教えてくれません

もちろん、そのような営業員しかいないという訳ではありませんが、多いことは間違いありません。

仕事上仕方ありませんが、「携帯料金が格安になります」「普通の携帯と同じです」「通話料金も格安ですよ」と言った営業をよく耳にします。

おすすめする格安SIMも自社に利益の多いものや提携している格安SIM、ひどい場合はお客さんのことを考えずノルマが厳しい格安SIMをおすすめする場合もあります。

ヨドバシカメラに突撃取材

私が格安SIMについて調べるにあたって様々な家電量販店に足を運びましたがデメリットの説明はほぼありませんでした。

例えば、格安SIMを使った場合LINEはどうなるの?とかです。
大きなデメリットと言えばLINEは、年齢認証ができなくなります。その為ID検索にて表示されなくなったりと、少なからず問題は発生しますね。

更にはおすすめする格安SIMも自社製品の格安SIMで「非常に速度が速い」とおすすめされました。

他の格安SIMと何が違うのかと聞いたところあまり教えて頂けませんでした。

営業員の格安SIMへの理解度は?

一番のおすすめできない理由は営業(販売員)の理解度が低いということです。

家電量販店の営業の方の多くは他の仕事と兼任されている方が多く見受けられます。

例えば、格安SIMと携帯電話コーナーすべてが担当の人。

このような販売員には注意が必要です。
詳しい知識がないことが多く自社製品以外の商品を詳しく知らなかったりします。

実際私が調べた時にも既に端末を持っているにも関わらず「新しく格安スマホを購入したほうが良い」と言われました。

他にも、動画を沢山見ると伝えているのに、無制限(使い放題)のSIMをおすすめするのではなく、データ容量3GBのSIMを「これで十分インターネットが楽しめます。」と勧めてきたりもします。

すべての方がそういうわけではありませんが、そのような販売員もいるので注意が必要です。

格安SIMの割引等のキャンペーンが少ない

格安SIMの多くはインターネットから購入する場合や同じ会社のサービスは割引するキャンペーンが多くあります。

例えば、同じプロバイダに加入していれば月額300円割引や付与されるポイントが2倍になるサービス、また端末を購入する場合端末料金が約半額になるというサービスです。

家電量販店でもポイントの付与などはありますがインターネットから契約する場合のキャンペーンには劣ります。

場合によっては割引等がされない場合もあるためビックカメラ・ヨドバシカメラで格安SIMの購入には注意が必要となります。

当サイトがおすすめしている格安SIM

rakuten-mobile
インターネットから格安SIMを契約するなら楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルでは月額料金は業界最安値クラスの価格となっています。
またキャンペーンが非常に豊富となっておりキャンペーンを利用することで格安で利用が可能です。
例:格安スマホの購入で最大5,000ポイントプレゼント等

端末を持っていない方でもセット販売を利用すれば最大2万円割引となる場合も。
もちろん通信速度も問題ありません。
家電量販店で格安SIMを契約する前に一度比較してみてください。

楽天モバイル3.1GBパック料金表

月額料金 最大受信速度 データ容量
900円 150Mbps 3.1GB/月

楽天モバイル公式サイトへ

 - コラム